映画

リアルな描写で「生」を問う…宮崎駿監督新作「風立ちぬ」


■脱ファンタジーと同時代性
宮崎駿監督(72)の5年ぶりの新作アニメーション映画「風立ちぬ」が完成した。
ゼロ戦の設計者、堀越二郎(1903~82年)をモデルに、小説「風立ちぬ」の
作者堀辰雄(1904~53年)の人物像を融合した主人公は、美しい夢を追い求め、
働き、恋愛をする。大正から昭和にかけての激動の時代に生きた青年に託した思いを、
宮崎監督に聞いた。

関東大震災が起き、失業者は増加。病気も蔓延(まんえん)し、戦争に突き進もうとする
時代に、二郎は技師としての仕事に没頭する。いずれ、若者たちがゼロ戦に乗って
戦場に飛び立つことになるが、二郎は美しい飛行機を夢想して、仕事に励む。

「自分の今いる場所で、可能な限り誠実に、力いっぱい生きるしかない。
世界のあらゆることに関心をもち、政治情勢によって自分の行動を決めるなんてことは
できないですから。職業人は職業に専心することによって、小さな窓から世界を眺めて、
初めて世界を感じ取ることができるんじゃないでしょうか」

この生き方は、敬愛する堀田善衞(よしえ)が20世紀末の社会を論じた評論集
『空の空なればこそ』で紹介した、旧約聖書の言葉「凡(すべ)て汝(なんじ)の手に
堪(たふ)ることは力をつくしてこれを為(な)せ」に通じる。宮崎監督は、2008年の講演で、
この言葉を引用し、「これをやったら世の中のためになるとか、意義があると決まっている
仕事はない。どんな仕事でも力を尽くせば、やってよかったと思う瞬間がある」と語っている。
「できることを懸命にすべきだ」という理想を担わせたのが二郎なのだ。(>>2以降に続きます)

ソース:YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/cnews/20130712-OYT8T00780.htm
画像:「この映画は子供を置き去りにしてしまうんじゃないかとも思いました。
でも、分からないものを見るのも意味があるという声が、後押ししてくれた」と話す宮崎駿監督
  20130712-456877-1-L

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1374188667/


続きを読む

実写版「魔女の宅急便」小芝風花演じるキキ、初お披露目


宮崎駿監督がアニメ化したことで知られる角野栄子氏の名作を、清水崇監督(「呪怨」シリーズ)が
初実写映画化する「魔女の宅急便」のスチール写真が公開された。約500人が参加したオーディションで
主人公キキ役を勝ち取った新人女優の小芝風花が、“魔女カラー”である黒のワンピースに身を包み、
トレードマークのほうきを片手に凛とした表情を浮かべている。

原作は、1985~2009年に全6巻が発表された角野氏の同名児童文学(福音館書店刊)。
魔女として修業に出た少女が、さまざまな経験を通して成長していく姿を描き、
アジアやヨーロッパでも翻訳版が出版されるなど、各国で愛読されている。

今作は、「八日目の蝉」で第35回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞し、
「おおかみこどもの雨と雪」では細田守監督とともに脚本を執筆した
奥寺佐渡子が参加し、実写化に挑む。(>>2以降に続きます)

ソース:eiga.com
http://eiga.com/news/20130531/2/
画像:majyotaku_large

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1369944440/

続きを読む

激太りのキアヌ・リーブスがバイクでジム通い


第66回カンヌ国際映画祭に現われたキアヌ・リーブスが別人のように太っていたため、
世界中でニュースのネタになってしまったが、本人もそうしたリアクションを
意識しているのか、バイクに乗ってハリウッドのジムに通う姿をパパラッチされている。

カンヌでは、ぼさぼさに伸びた髪に、“キアヌシック”とも呼ばれるどうでも良いような
カジュアルなファッションで船上パーティーに出席したキアヌだが、その二重顎と
膨張した体型がファンたちに大きな衝撃を与えていた。

5月29日にハリウッドのジムの前で撮影された写真では、キアヌの顔はまだ丸みを
帯びているが、黒いヘルメットに黒いジャケット、カーキ色の七分丈パンツを履いて
バイクにまたがる姿は、ワークアウトに励んで、体を絞ろうという気迫が感じられる。

ソースは
http://news.walkerplus.com/article/39010/
激太りでまるで別人!
  199186_400

バイクでジムに通うキアヌ・リーブスの姿をパパラッチ
  199187_400

ワークアウトに励んで体を絞ろうという気迫が感じられる
  199188_400

以下略


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1369981918/
続きを読む

実写版「魔女の宅急便」の主人公キキ役に抜てきされた小芝風花、批判に心境吐露…「悲しい気持ちになる事を書かれた」


実写映画『魔女の宅急便』の主人公キキ役に抜てきされた女優の小芝風花が、
撮影開始前の心境をオフィシャルブログで明かした。映画化発表直後に賛否両論が
巻き起こったことで「悲しい気持ちになる事を書かれたりもしていますが」と
ブログに批判が寄せられたこともあったというが、前向きな姿勢を見せている。

映画化発表直後にブログに直筆メッセージを掲載した小芝は7日、約2週間ぶりにブログを更新。
「いよいよ今月末より『魔女の宅急便』クランクインします(`・∀・´)ノ 只今、風花的には準備期間で、
キキについて妄想しています…世間では『イメージトレーニングって言うねんよ!』とつっこまれました(笑)」と
撮影に備えていることを明かした。

一方で、実写映画化発表直後にはインターネットを中心にさまざまな議論が巻き起こった。
一部ユーザーが小芝のブログにキャスティングに対する批判のコメントを書き込んだこともあったといい、
小芝は「悲しい気持ちになる事を書かれたりもしていますが」と心境を吐露しつつ、
「まだまだ無名な私をずっと応援してくれている方々…TV等で私を知ってコメントを下さった方々…
今回キキ役で私を知って下さった方々…応援してくれて、背中を押してくれて感謝しますm(_ _)m
皆さんの思いと一緒に撮影頑張りますヽ(≧▽≦)ノ」とつづっている。

小芝は1997年生まれの16歳。2011年11月に「ガールズオーディション2011」グランプリを受賞し、
2012年にはテレビドラマ「息もできない夏」に出演した。今回の「魔女の宅急便」実写化には
アニメ版で知られるスタジオジブリは関わっておらず、角野栄子の原作小説を基にした作品になる。(編集部・福田麗)

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0052777
画像:小芝風花 - 画像は2012年撮影のもの
  N0052777_l

小芝風花オフィシャルブログ
◇http://beamie.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=191601


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1367981538/
続きを読む

「変態仮面」興収が想定の10倍、わずか12館ながら異例の好スタート


ソースはナリナリドットコム
http://www.narinari.com/Nd/20130421287.html

4月6日より新宿バルト9で先行公開され、13日より全国公開がスタートした映画
「HK/変態仮面」。
わずか12館でのスタートにも関わらず、現時点で異例のアベレージを記録しており、
週末はメイン館の新宿バルト9で満席続出、異例の大ヒットスタートを切った。
  2013-04-15-190834


週末にはキャスト、監督、原作者が東京・横浜・博多・名古屋で舞台挨拶を実施。
すべての回が満席となり、東京以外のエリアでも順調な興行となっている。

客層としては、13日(土)に、新宿バルト9で行われた舞台挨拶で福田監督が
驚いたように、作品のタイプとしては異例なほど、女性客の来場が目立つのが特長。
また、横浜で行われた舞台挨拶では、原作を読んでいた父親に連れられた家族連れが
見られたほか、幅広い層が劇場に足を運んでおり、今後も順調な興行が期待される。

当初は、DVDを中心とする企画だった「HK/変態仮面」。主演の鈴木亮平の原作への
リスペクトや気合い、公開ギリギリのタイミングまで粘って製作をした福田組の熱意が、
作品を原作者も驚愕するレベルにまで押し上げた。

結果、その熱は国内公開前から海外に伝播。国内外から高い注目を受ける作品になり、
企画段階の想定興行収入の10倍を記録する大ヒットスタートとなっている。

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1366081408/


続きを読む
記事検索

当ブログについて

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
ツイッター
スポンサードリンク
人気ページ

ブログランキング・にほんブログ村へ
楽天
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ