海外

ジャック・バウアー復活へ 「24」が来夏放映


[ロサンゼルス 13日 ロイター] 米人気テレビドラマ
「24―TWENTY FOUR―」が、2014年夏に復活することが
分かった。主役の連邦捜査官ジャック・バウアーは、これまで同様に
キーファー・サザーランドが演じる。フォックス・ネットワークが13日明らかにした。

2001年に放映開始した同シリーズは、米テレビ界最高の栄誉といわれるエミー賞を
受賞するなど、最も人気の高いテレビドラマの1つだったが、2010年に
第8シーズンでいったん終了していた。

来夏に放映される「24: Live Another Day(原題)」は全12話の予定で、
同シリーズのトレードマークであるリアルタイム・フォーマットは維持される。

サザーランドは声明で「『24』への反応は、自分が俳優として味わってきた
どんな経験とも違う。ジャック・バウアーというキャラクターと再会できるチャンスは、
音信不通の友人に会うみたいだ」と語っている。

ソースは
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPTYE94D00R20130514
ロサンゼルスで2010年4月撮影
  net

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1368496301/

続きを読む

韓国国民の約半数が日本製品の不買運動に賛成 「日本の右傾化に対応するために賛成する」


韓国の世論調査機関・モノリサーチは2月27日、韓国国民1124人を対象に日本製品の不買運動の賛否を尋ねた結果、
47.0%が 「日本の右傾化に対応するために賛成する」と答えたことが明らかになった。複数の韓国メディアが報じた。

今回の調査は、19歳以上の韓国国民1124人を対象に、性別、年齢別、地域別の人口比例に基づいてランダムに電話をかける
電話RDD方式で2月27日に行われた。

韓国メディアは、「国民の47%が、日本製品の不買運動に賛成」、「日本製品の不買運動、賛成が47.0%」などの見出しで伝えた。

日本製品の不買運動に賛成する意見は、40代(51.7%)や、南東部の慶南圏(50.5%)、事務管理職(55.3%)に多く、
反対意見は30代(40.4%)とソウル圏(47.2%)、自営業(42.4%)が相対的に多かった。

また、「必要以上の感情対立になるので、反対する」との回答は37.8%、「よく分からない」という意見は15.2%だった。

日本製品の不買運動は、日本の「竹島の日」への抗議として、3月1日から開始される。
路地商圏を生かす消費者連盟が主導し、80カ所の職能団体、60カ所の小商工人・自営業団体、市民団体などが参加する。

これらの団体の会員数は600万人にのぼり、過去最大規模となる。
同団体は、「日本が反省し、竹島の侵奪行為を中断するまで、日本製品の不買運動を続ける」としている。

韓国メディアは、この運動のきっかけは、日本政府の同調下で「竹島の日」行事が行われるなど、
日本が竹島侵奪の野心を強化しているからだと説明。

一方、調査を行ったモノリサーチは、「日本の安倍政権の右傾化の動きが一線を超えているという見方が強まっており、
東アジア情勢が緊張局面に突入し、民間レベルの抵抗が大きくなっている。不買運動の賛成意見が約半数に達しており、
極限対立への懸念もみられる」と解説したという。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0301&f=national_0301_003.shtml

73724673-s
 
元スレ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1362136416/
続きを読む

「すべてのオリンピック競技から戦犯旗の使用を禁止せよ」…旭日旗の撤去求める 韓国系住民がニューヨークでマラソン


在米韓国系住民の団体が17日、旭日旗の撤去を求めるマラソン行事を米ニューヨークで開催した。

主催団体は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で旭日旗がイメージされた美術作品が展示されるなど、
世界のあちこちで日本の軍国主義の名残が消えていないと話している。

この日は10人余りの韓国系住民が参加し、ニュージャージー州にある旧日本軍従軍慰安婦の慰霊碑前からスタート。
マンハッタンの日本領事館や国連本部前を通り、48キロを走った。参加者のユニフォームには
「すべてのオリンピック競技から戦犯旗の使用を禁止せよ」などと書かれていた。

日本領事館前では日本政府に元慰安婦への公式謝罪と賠償を促す声明書を読み上げ、国連本部前では旭日旗撤去を
叫んだ。インターネット上で外交活動を行う韓国の民間団体「VANK」も同行事を後援した。

一方、MoMA側は問題の作品について、「過去の日本の帝国主義や軍国主義を美化する意図は無いというのが、
作家の立場」と説明している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/02/18/2013021801162.html


svg

元スレ
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1361457372/
続きを読む

「中国人と韓国人」日本人から見た違いは何か?


新華網】 中国語の日本情報サイト「日本通」(www.517japan.com)がこのほど、
日本の巨大掲示板群「2ちゃんねる」上で繰り広げられている
「中国人と韓国人の違い」に関する議論の内容を紹介する記事を掲載した。記事は以下のようなものだ。

日本人が指摘する「中国人と韓国人の違い」を以下に挙げてみる。中国人としては笑ってしまうものも、考え込んでしまうものもあるだろう。
●中国人では金銭目的の犯罪が多いが、韓国人では性犯罪が多い
●中国人は必要がなければ犯罪はしないが、韓国人は必要がなくても犯罪をする
●中国人は3K(きつい、汚い、危険)の仕事でもするが、韓国人はしない
●中国人は質素な生活でも平気だが、韓国人は金がなくなってもぜいたくに暮らそうとする
●中国の男女平等意識は欧米諸国より強いが、韓国は極端な男尊女卑の社会だ
●中国人は挫折するほど勇気を出して前進するが、韓国人は逆
●中国人がずる賢く、韓国人は単純
●中国人はあけすけに他人を叱り、叱られても怒らない。韓国人はあけすけに他人を叱るが、あけすけに叱られれば怒る
●証拠が出れば中国人は認めるが、韓国人は認めない

XINHUA.JP 2月18日(月)22時2分配信 (翻訳 劉英/編集翻訳 恩田有紀)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130218-00000030-xinhua-cn
 

25719-1


続きを読む

バングラデシュで「ドラえもん」が放送禁止に 母国語習得に悪影響


バングラデシュで、日本のアニメ「ドラえもん」のテレビ放映が禁止された。番組がヒンディー語版で放映されており、
子供たちの母国語のベンガル語習得がおろそかになる恐れがあるためという。

ハサヌル・ハク・イヌ(Hasanul Haque Inu)情報相は14日の議会で、同国内での「ドラえもん」放映禁止を
関係放送局に公式に通達したことを明らかにし、「政府は『ドラえもん』が子供たちの教育に支障をきたすことを
望んでいない」と説明した。

禁止に先立って複数の地元紙は、「ドラえもん」を熱心に視聴する子供たちがベンガル語ではなくヒンディー語で
会話をしている点に懸念を表明し、番組の放送禁止を呼び掛けていた。また、与党議員からも、海外の
アニメ作品の放映に際してはベンガル語版だけを認可するよう求める声が出ていた。

バングラデシュでは衛星放送を通じて隣国インドのヒンディー語の番組が視聴でき、国内の数百万世帯で
ベンガル語の番組より人気が高い傾向があることから、自国の文化に影響が出かねないとして政府が
非常に神経をとがらせている。

ドラえもんは2008年、日本文化を海外に広める役割を担う外務省の「アニメ文化大使」の初代大使に
任命されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130218-00000029-jij_afp-int


img_content5

続きを読む
記事検索

当ブログについて

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
ツイッター
スポンサードリンク
人気ページ

ブログランキング・にほんブログ村へ
楽天
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ