テレビ

加藤浩次、元相方・山本圭一の復帰を生放送で嘆願「あいつを許して!」「今、(山本は)広島で鉄板焼きやってます」


 お笑いタレント・加藤浩次が3日に生放送されたフジテレビ「FNS27時間テレビ 
女子力前回2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」に出演。淫行騒動を起こして
芸能界を引退状態となっている元「極楽とんぼ」の相方・山本圭一さんについて
「あいつはまだ一緒にやりたいって思いはありますよ」
「全国の皆さん!あいつを許してやってつかーさい!!」とテレビを通じて嘆願した。

山本さんは2006年7月、淫行騒動を起こし、所属事務所から契約を解除され、
芸能活動を停止している。

「めちゃ×2イケてるッ!」のコーナーで、予想外の発言が飛び出した。
過去の異性問題で、AKB48からHKT48に移籍した指原莉乃が、
「(移籍からの)1年…長く感じましたね」と発言すると、“爆烈お父さん”の
ハゲづら姿の加藤は「1年?!あいつは7年がんばってるんだよ」と敏感に反応。
「肉巻きおにぎりの会社、つぶれちゃったの。今、広島で鉄板焼きやってます」と
山本さんがこれまで勤めていた肉巻きおにぎりの会社が倒産したため、
宮崎から広島に引っ越したことを明かした。

ナインティナインの岡村隆史が「帰ってきてほしいんですよね」と言葉を挟むと、
加藤は「『まだ一緒にやりたい』って気持ちはあいつにはあるんです!」と山本さんの胸中を代弁。
「これからあいつは1年間、寺に入ろうとしています。全国の皆さん、
あいつを許してつかーさい!」と芸能界復帰を訴えた。

加藤は4月、岡村がレギュラーを務めるインターネット番組に出演した際、
「何とか(復帰させたい)という気持ちが正直あるんだけどね、オレは」と復帰願望を明かしていたが、
全国ネットのテレビ番組を通じての訴えは影響力が大きく、様々な方面に波紋を呼びそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/7922587/


85682f0c

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1375539256/

続きを読む

「韓国こそ歴史を歪曲している。反日教育が悪い」 舞の海さん、韓国の日本批判横断幕に猛反論/テレ朝モーニングバード


他局が放送したサッカー東アジア杯サッカー大会の日本の活躍には目もくれなかった
「モーニングバード!」だが、日本への不当極まりない敵対的行為があったとなれば、
話はまったく別である。

日韓戦で韓国サポーターが「歴史を忘れた民族に未来はない」なる巨大な横断幕を掲げていた。
待ちきれないとばかりに「反論」したのは、元相撲取りでコメンテイターの舞の海秀平であった。

「逆に日本側から言うと、(韓国が)歴史を歪曲するからこういう事態が起きるんじゃないか。
そういう教えをしてるから、そういう認識をして、こういう人たちが出てくるんじゃないか」

「そう」と「こう」が多すぎるが、要は一部の政治家や匿名ネットなどが盛んに主張する典型的な
「愛国」的論法を言ったものであろう。
「真実の歴史」を教えない反日教育が悪いんであるというわけである。

http://www.j-cast.com/tv/2013/07/30180405.html

3272acf4

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1375237925/

続きを読む

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」アイドルグループGMT47が歌う!挿入歌『暦の上ではディセンバー』が完成


高視聴率を記録中のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で、能年玲奈の演じる
主人公・天野アキが所属するアイドルグループ「GMT47」の歌う番組挿入歌
「暦の上ではディセンバー」が完成した。

舞台を東京に移し、後半からは47都道府県のご当地アイドルが所属する
「GMT47」の挫折と奮闘を描く「あまちゃん」。挿入歌は、人気アイドルグループ
「アメ横女学園芸能コース」(アメ女)の大ヒット曲という設定で、2軍扱いのGMTも、
デビューを目指してステージ下の「奈落」や路上ライブでこの曲を歌うことになる。

「あまちゃん」挿入歌といえば、アキの母を演じる小泉今日子が歌った
「潮騒のメモリー」が話題になったばかり。今回も脚本の宮藤官九郎が
作詞を、オープニング曲を手掛けた大友良英が作曲を務めた。(>>2以降に続きます)

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0054284
画像:挿入歌を歌うGMT47 左から斎藤アリーナ、蔵下穂波、大野いと、能年玲奈、松岡茉優、山下リオ、優希美青
  N0054284_l

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372363828/


続きを読む

吉高由里子「役に食らい付く」…来年3月31日スタートのNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」


NHKは25日、来春スタートの連続テレビ小説のタイトルが「花子とアン」で、
ヒロインを吉高由里子が演じると発表した。「赤毛のアン」の翻訳者、村岡花子さん
(1893~1968年)の波乱万丈の半生を描く作品で、記者会見に出席した吉高は
「ハングリーな花子という役にハングリーになりたい。『吉高したたか』と言われるくらいに、
役に食らい付いていけたら」などと抱負を語った。

「花子とアン」は、明治、大正、昭和という激動の時代を生き抜いたヒロイン花子の一代記。
山梨の貧しい家に生まれた花子は、「逆境にあっても、ポジティブに生きた」
(加賀田透プロデューサー)というキャラクターで、東京の女学校で英語を学び、
故郷での教師生活を経て翻訳家になった後、太平洋戦争中も翻訳を続けた
モンゴメリの「赤毛のアン」を世に送り出す。(>>2以降に続きます)

ソース:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=etm_30&k=2013062500720
画像:来年3月31日スタートのNHK朝ドラ『花子とアン』の主演を務める吉高由里子
  2025964_201306250819726001372147656c

(左から)吉高由里子、脚本家の中園ミホ氏
  2025964_201306250819947001372147656c

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372148350/


続きを読む

水道橋博士、生放送中に番組降板…橋下市長の“小銭稼ぎ”発言で


 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が15日、テレビ大阪のトーク番組
「たかじんNOマネー」に出演した。

 同番組で1日の放送時、橋下氏の発言について視聴者電話投票を実施した際
「問題なし・7713票」「問題あり・2011票」との結果が出たことについて橋下氏は
「やはり有権者の方は冷静だなと。小銭稼ぎのコメンテーターとは違う」と横に並ぶ
コメンテーター陣に勝ち誇ったように述べた。

 これに対し、コメンテーターとして出演しているお笑いコンビ、浅草キッドの水道橋博士(50)は
番組後半で「橋下さん、冒頭で小銭稼ぎのコメンテーターと言われたんで、ぼく今日で
番組降ろさせていただきます」とぶぜんとした表情で席から立ち上がり、「(小銭稼ぎとは)違います。
それでは3年間、ありがとうございました」と右手を挙げてスタジオから退場した。

 橋下氏に対し、コメンテーターでジャーナリストの大谷昭宏氏が「小銭発言を訂正される気は
ないですか?」と聞くと橋下氏は「ないです。ぼくに対しても批判はあるわけですから」と返答した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130615-00000032-dal-ent

ep1013092

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371287172/

続きを読む
記事検索

当ブログについて

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
ツイッター
スポンサードリンク
人気ページ

ブログランキング・にほんブログ村へ
楽天
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ