原発問題

山本太郎がTwitterで母親の体調が「瓦礫焼却のため」おかしくなったと報告、大阪からの“脱出”も検討か


山本太郎「瓦礫で母の体調が」、大阪からの“脱出”も検討か。

俳優で活動家の山本太郎(38歳)が2月17日、Twitterで母親の体調が「瓦礫焼却のため」おかしくなったと報告している。
山本は17日、Twitterで「大阪の瓦礫焼却が始まり母の体調がおかしい。気分が落ち込む、頭痛、目ヤニが大量に出る、
リンパが腫れる、心臓がひっくり返りそうになる、など」と、瓦礫焼却をきっかけに母親の体調が
崩れたと告白。もともと母親は「超健康生活」のため、「彼女はすぐ身体に反応が出る」としている。
そして「また引っ越しか。国内避難民だな」と、大阪からの“脱出”も匂わせた。

俳優として活躍していた山本は、2011年、東日本大震災をきっかけに反原発運動を開始。
所属事務所も辞め、各地で行われる反原発デモや講演会などを中心に活動している。
昨年12月の第46回衆議院議員総選挙では、東京8区から無所属で出馬し、71,028票を獲得したが落選した。
また、山本は昨年、「東京の放射能汚染が深刻」との理由で大阪への移住を表明。その後、大阪府と
大阪市による震災瓦礫受け入れに抗議を続けている。 大阪府と大阪市、岩手県は昨年8月、2014年3月までに
最大3万6,000トンの瓦礫受け入れで合意。2月1日から本格的にゴミ処理工場での焼却が始まり、
1日約100トンのペースで処理が続けられている。

http://www.narinari.com/mobile/news_co.php?view=2013-02-20557&p=0


ae08cd39

続きを読む

「もはやグルメ漫画でなくなってる」美味しんぼ、原発事故に揺れる福島県の食事情を描いて話題に


「もはやグルメ漫画でなくなってる」美味しんぼ、原発事故に揺れる福島県の食事情を描いて話題に

386371p

人気漫画「美味しんぼ」がビッグコミックスピリッツ(小学館)での連載を再開し、
原発事故に揺れる福島県の食事情を描いて話題になっている。

爆発で焼けただれた原子炉建屋の様子が大きく描かれ、その前でライバル関係の
親子が対峙する。美味しんぼの「福島の真実」編は、こんな巻頭ページでスタートしている。

原作者・雁屋哲さんの思い入れが背景に

美味しんぼは、連載がスタートして2013年で30周年を迎えた。1月28日発売号で始まった
新シリーズでは、「究極のメニュー」を担当してきた新聞記者の山岡士郎が、原発事故が
起きた福島の真実を確かめるため、上司に取材の相談をする。

取材は上司から許可が下りたが、ライバル紙と共同取材の条件付きだった。
そこには、「至高のメニュー」の後見人で実父の海原雄山のある企みがあって…という
ストーリー展開だ。

新シリーズについては、ツイッターなどで、「どう描かれるか楽しみ」
「今編も美味しそうな物が沢山出てきますように」と期待する声が上がった。
その一方で、原発事故を前面に押し出していることから、「もはやグルメ漫画でなくなってる」
などと波紋を呼んでいる。

異例の重いテーマになっているのは、原作者の雁屋哲さんの思い入れにあるようだ。

そのブログによると、雁屋さんは新シリーズのために、11年11月からの1年間で福島県を
3回も訪れて自ら取材した。若いころに人情や食文化に触れて福島を愛するようになったことから、
原発事故で問題意識を持ったというのだ。

「福島の真実が伝わっていないからだよ」

今回の連載では、取材で出会ったアイガモ農法の農家も紹介している。この農家は、
放射線量が比較的低いとする会津若松市で米作りをしているが、風評被害に苦しんでいる
と山岡士郎らに告白する。

山岡らも、放射性セシウムなどが不検出なのを知って、販売に協力を約束する。
そして、家庭でその米を味わう山岡に、「こんな美味しくて安全なものを消費者が
買わないというのも、福島の真実が伝わっていないからだよ」と語らせている。

雁屋哲さんはブログで、ガイガーカウンターを持って取材した様子を生々しく語り、
2012年9月6日には、福島の真実編を「人生で一番厳しいマンガ」と明かしていた。
原発政策を批判して物議を醸したこともあるだけに、ネット上では、こんな事態を生んだ
政治のあり方などを批判するストーリーになるのではとの憶測も出ている。

もっとも、連載の初回では、海原雄山が山岡に「おまえはそろそろ自分の生えてきた
根を知るべきだ」という意味深なメッセージも残している。原発以外のテーマも、
ストーリー展開の重要な要素になっている可能性はありそうだ。

http://www.j-cast.com/2013/01/28163020.html?p=all


続きを読む

女性の尻を触った疑い 原子力安全委員会総務課課長補佐男(45)を現行犯逮捕


女性の尻を触った疑い 原子力安全委員会総務課課長補佐男(45)を現行犯逮捕

1 :西独逸φ ★ 2012/04/26(木) 19:26:00.26 ID:???0
千葉中央署は26日、千葉市中央区のJR千葉駅で女性の体を触ったとして、県迷惑防止条例違反の疑いで
原子力安全委員会総務課の課長補佐(45)=同市若葉区若松町=を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は25日午後11時45分ごろ、駅改札内の通路で、歩いていた同市中央区の女性会社員(37)の
尻を触った疑い。

同署によると「触っていない」と容疑を否認している。東京都内で酒を飲んだ帰りだったという。

女性が合津容疑者の手をつかみ、駅員に引き渡した。(ソース一部省略)

ソース
nikkansports.com http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120426-940624.html


続きを読む

放射性セシウム検出ミカン、川崎市立小学校の給食に


放射性セシウム検出ミカン、川崎市立小学校の給食に

1 :うしうしタイフーンφ ★ 2012/04/20(金) 17:21:31.25 ID:???0
★セシウム検出ミカン給食に 検査結果の周知不徹底 2012年4月17日 11時18分

 川崎市立小学校の給食食材精密検査でミカンから放射性セシウムが検出された問題で、
幸、多摩、麻生の三区の小学校で十六日、初めてこのミカンを使った献立が給食に出された。
市教委は同検査結果を保護者に伝えることを学校側に求めていたが、
複数の保護者が「まったく知らされていない」と話すなど徹底されていないことが分かった。
教員でさえ知らないケースもあり、一部保護者から怒りの声が出ている。 (山本哲正)

 給食でミカンが使われたのは、「入学・進級祝い」のフルーツポンチ。
事前に学校に相談する保護者もいて、自宅から代替品を持参し、食べなかった児童もいたという。
ある学校関係者は「『特別な子』と見られることがないよう配慮した」と語った。
市教委も「食べ残しても、子どもたち同士で誤解が生じないよう、教員も普通に接してほしい」と各校に呼び掛けている。

 市教委では、各校の校長に対し、「市のホームページで公表していることを、
ネットを見ない人のためにもお便りなどを使って保護者に連絡を」と求めるなど、
セシウム検出の事実を関係者に伝えるよう依頼していた。

 ところが、東京新聞で調べたところ、複数の学校の保護者が「まったく学校から知らされていない」と驚いていた。
中には、「保護者懇談会でミカンの話をお願いしようとしたら、先生さえ検出されたことを知らなかった。
ショックを受けた」との声も。

 検査では、フルーツポンチに使われた県産ミカンの缶詰からは、放射性セシウムが一キロ当たり三・八ベクレル。
幸、多摩、麻生の三区で十七日出される予定の県産冷凍ミカンからは同九・一ベクレルが検出された。
川崎、中原両区では缶詰が十八日、冷凍が十九日。高津、宮前両区では缶詰が十九日、冷凍が今月下旬に給食に出される予定だ。

 市内の低学年児の父親(38)は「セシウム検出のミカンを給食で出す必要はない。何のための検査か。
出されたら、持ち帰らせ、親が食べる。万一を考えて将来ある子どもたちには食べさせない決断が必要だ」と話していた。

東京新聞 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041790111853.html
前スレ http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1334823520/


続きを読む

山本太郎 就職


山本太郎 就職

1 :かばほ~るφ ★ 2012/04/17(火) 10:00:06.95 ID:???0
山本太郎、太陽光発電会社に就職

脱原発を訴える俳優・山本太郎(37)が、太陽光発電の施工事業を展開する「ソーラーリフォーム」
(本社・横浜市)に就職することが16日、明らかになった。関係者によると、原発から自然エネルギー
への転換を目指す山本は、週5日で法人営業を担当するとみられ、18日に都内で行われる新入社員
入社式に出席予定という。脱原発活動のため、俳優としての収入が激減したという山本だが、安定した
収入を得て、活動を続けることになりそうだ。

今年1月に都内で行われた出演映画「マイウェイ 12,000キロの真実」の舞台あいさつで、「良い
役者になる」とこれからの夢を語っていた山本が、民間企業の営業マンへの“転身”を果たすことになった。

関係者によると、「ソーラー‐」の社長が山本に入社を勧めたといい、山本もクリーンエネルギーを
手掛ける会社に賛同したことから就職を決意したという。週5回、法人を相手に、太陽光発電を売り込む
営業を担当するとみられる。

現在も脱原発を訴え、大忙しの山本にとっては、大きな収入源となりそうだ。山本は2月、自身の脱原発活動
をつづった著書「ひとり舞台‐闘う役者の真実」のPRイベントで、脱原発活動により俳優の仕事が激減し、
収入は10分の1以下になったことを冗談交じりに語っていた。

昨年5月に、脱原発発言がきっかけで、所属事務所を辞め、以後、フリーとして芸能活動を行っていた。
だが、同年7月、玄海原子力発電再稼働中止の嘆願書を佐賀県の古川康知事に渡そうとし、県庁への
建造物侵入容疑で告発(不起訴)されるなどあり、俳優業にも悪影響を及ぼしていたようだ。

18日には、37歳の新入社員として入社式に参加予定という山本。俳優業から引退するのかなども含めて、
本人の口から今後の活動について語られることになりそうだ。

デイリースポーツ online
http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/04/17/0004979091.shtml


GP31986_62722


続きを読む
記事検索

当ブログについて

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
ツイッター
スポンサードリンク
人気ページ

ブログランキング・にほんブログ村へ
楽天
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ